Loading...

HomePortfolio国際的都会人, 都市建築, 都市監修

URBAN ARCHITECTURE DESIGN

都市デザイン建築  Since feelings to the city

国際 ・街・都市 ・人 /建築・土木 総合監修者=プロデューサーが入る機能性、必要なデザインを大切にした未来都市創り 

建築、土木 における総合監修の重要性

土木動線から見た建築、建築動線から見たランドスケープと土木
美しさの追求、融合、簡単ではありません。
地域、都市の成長常に重要な課題です。
「土台創りから…最初から最後まで…」維持継続の考え方
環境の独自な視点から調査・計画・・・アイデアは全て吸い上げた上オリジナルへと導く。
実現にできるものだけ感性と美学の判断基準の共通性を考え、絶対必要条件とし歴史文化を正しく時の進化して組み込むことができる優秀なチーム、これらは美しいものを創るための絶対条件でもある。
建築の奥深さ、オリジナルへの追求と挑戦は、大きなハードルです。都市において建築、土木は、未来に向けて多くの課題がございます。人々が愛する 近代美術館、完成された愛されるスタジャム等未だ無い、課題のある地域もございます。人が使う場所や空間等、人が造成積み上げてきました。集う、言葉で表現することは簡単です、建築物が今後の時代の中で必要でしょうか。無いものを作り上げる時の表現方法は多くあります、時代のタイミングと目的に突き詰め誰が関わって実行することが、良い物創りにはもっとも重要ではないでしょうか。
建て替え、手直し、追加工事は、無駄な労力と内容次第で費用発生となる場合がございます、発注先を間違得ることの無いよう
建築は大きな金額による案件だからこそ、目的物の政策物が本当に、夢を叶えられるのか、深い検討力、発注力次第で大きく変わります。
未来を見据えた計画と実行の実現に向け、さらなる未踏の領域の挑戦は、人間が集う本質に役立てられ、人が育てるものです。
街並みを良くするための道路サイドを考えた工事の実現。
街に入った瞬間、人々は感じます、ソフトとハードの両面が問われる時代と時代に常にあったバランス感が見えています。
心地よい気持ちで走ることすらできない街並み、エリアも存在します。
街並みの総合バランスを考えた、残すものと開発の必要性を、ランドスケープから建築を
どうのように、誰が取り組み実現するか、大きく実行方法が問われる次の時代が到来、良いものを創り未来に残します。
新しい人選方法、新VE予算調整の仕方、新ゼネコンの進め方、新行政民間との協力の仕組み方、新チェック機能の仕組み方
地元に力をつけるために!?地元の魅力の引き出し方、人口、観光増加、地域経済の本質発展に繋がります。

*画像に関しましては、イメージ画像です。 
*当サイト内のデザイン・文章の表現・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Related Projects