Loading...

事務所そのものが施工事例でございあす。
ご案内、建築依頼、お問い合わせ、お気軽にどうぞご連絡ください。

川島義信デザイン事務所 052-521-0142

弊社ご案内
建築デザイン 建築監修 各種デザイン 
デザイン性のクオリィテイの高さ、センス、感性、ムードを必要とする建築のみ実現する会社です。
イメージがもっとも重要です。
言葉の1つ1つからお伝えください。
デザイン事務所施工事例をベース参考できます。
我々にしかできない仕事があります。
弊社ができるデザイン作りを使命と考えています。
あなたの夢を実現する扉は、ここにあります。
建築、デザインに関するご依頼は、お気軽にご利用ください。
お問い合わせ先  052-521-0142
名古屋本社事務所:名古屋市西区上堀越町3−12 
         川島義信デザイン事務所株式会社 

mailはこちら

 Procedure 
夢のある建築物件を作ってみませんか

建築の流れ

 ヒアリング1

作りたいイメージや思いあればあるほどなど大変貴重でありまして、これがが最も重要です。細やかなご要望を伺い、都度私たちにできることをご説明させていただきます。
お客様の声により、目的に合わせて細やかにアドバイスをさせて頂く事ができます。
 ご依頼・申し込み
 ご提案・契約まで
模型や図面を元に、ファーストプランを提出させて頂きます。ファーストプランを説明しながら信頼関係を深め互いにパートナーとして協力できるかたしかめ、私どもへプロデュースを依頼していただけるよう、誠意を持って真摯に対応します。
 御融資先等決定
予算だけでなく、お支払い方法、メインバンクのご相談等。
 契約
建築デザイナー・設計業者と契約を交わして頂きます。
 ここから、物創りが始まります

 ヒアリング2
はじめに、優秀な設計士を交えヒアリングを十分に積み重ね、生み出すものに独自のイズムを組み込み創り上げていきます。
 基本設計・規模による
目的、希望を十分に反映しながら、設計を進めていきます。
返済方法、資産価値も考慮して調整していきます。
 実施設計
基本設計に基づき、図面製作に入ります。プロジェクトの規模に応じて、3ヶ月から1年程構造と設備を含めます。
 確認申請(申請先自治体)例:名古屋市の場合

いよいよ建築物の製作許可がおりました。
その後は、工事工程表を基に進みます。

 工事契約とは?
工事金額が決まりましたら、施工業者と契約を交わして頂きます。

 工事着工
地鎮祭:(起工式)建物の建設にあたり、土地の神を大切に祈ります。平安堅固を授け、工事の安全無事をお願いします。
上棟祭: 新築の棟木をあげるときの守護神、工匠の神々を祀り、永く建物が無事に、豊かで幸せのある家になるよう工事の安全無事をお祈りします。
新室祭:(竣工式)地鎮祭から始まった工事が無事終了し、建物完成後、安全無事に工事が終わった感謝を神様に報告させていただきます。新築に住む人が幸福に暮らすこと、出入りの人に災いないようにとお祈り致します。
工事内容に必要な神の行事を実施致します。
工事工程表に準じて工事に入ります。
各工程で、図面通りに適正に施工されているかチェックしていきます。
 竣工、引渡し
建築検査に於いては、消防検査が重要であり、建築検査完了後、
クライアント、施主様の目になって建築施工会社とともに、規模に準じた引き渡し前の完了検査を実施します。新築の物件説明と引き渡しお客様にチェックを頂きまして完成引渡しになります。
ここで、必要な工事が発生した際は、直ちに対応致します。
 引渡し
プロデュース料、残金の清算。
プロジェクトの規模により、お支払い方法(手附金、中間期、完成時)や時期は異なります。
プロデューサーが入る事で、ごまかしや過剰な費用を抑制し、トータル費用はプロューサーが未介入より大幅に増加する事もありません。

*物件規模、内容に応じて変更も御座います

建築の仕事の流れは、設計士、ゼネコン(監督・メーカー・事業者)を交えての定例会議、文化会議を積み上げ製作プロジェクトチームとして建築物を成立を目指します。
クライアント間のヒヤリング・プラン・収支計算書作成・自己資金/借入(金利)・設計デザイン提案・設計修正(VE=コストコントロール)・実施設計完成(構造と設備含)確認検査提出・施工/工事計画から実行、常に三者から複数協議(建築プロデューサー・設計士・現場監督自主設計・が定例会議・文化会議を実施)・建築中間検査・消防検査・竣工まで感性の高いインテリジェンスのある繊細な建築物をめざし(丁寧を極める)、製作上の素材提案、設計士と協議の上決定、職人の腕を引き出し、建築の極上を追求仕上がりへと導く総合のまとめ役として、役割を果たします。
工事契約ゼネコンは、規模により、1年点検や2年点検を実施します。設備不具合、施工上の不具合を改善していきます。メンテナンス費用については、通常メーカーまたは施工業者が負担するなど、そこに対しても施工業者と念密な打ち合わせプロデュースし、建築デザイナーが研ぎ澄ましチェックしていきます。

 Policy 

 幅広い建築物の製作ができます。
ロードサイドまで、大規模小規模店舗、商業施設、住宅、賃貸・分譲マンション、公共施設…….
建築物は、時代を写し込み、時代生産物として表現されてる建物やビンテージを考え役割を果たしている建物などがあります。
どの時代においても建築デザイナー、プロデューサーが偉大な仕事を残して、世界ではいつの時代もデザイナーは、大きな評価を得ています。
京都に徳川家康の息のかかった物件がありまして、職人をまとめ上げ一任された人物が監修仕上げており、今日でも評価の高い物件となっております。
魅力ある建築物は、本来時と共に輝きは増していくものです。
クライアントのご要望、目的から、プロデューサーは、未来を見据えた建築物のデザイン、テイストに合ったビジョンを見出します。
デザインコンセプトを奥深く追求し、常に皆様に感謝して、感性の高い建築物を施主、クライアントに提供します。建築素材の本質までを見抜くスキルがあり、だからこそ、デザイン性と本質の高い建築物を残してきました。
市町村、都市振興の発展におかれまして、常に道路公共導線の関わりから、今後、維持継続、新規製作に関する必要性を常に考え取り組むことを軸として、地域発展に貢献できる企業として、平成30年で20周年を迎えることができ感謝、御礼の中、更なる地域に育てられる事も喜びの1つとしております。
”建築デザイナー” ”建築プロデュース”は、創り上げるプロセスの中で研ぎすまされた経験を生かし、トータルで見る事の出来る#目を生かし喜びと想像を超える感動を味わって頂くことを提供します。

*文章は、長い経験から生まれた表現につき引用等は、特に御遠慮下さい。
*当サイト内のデザイン・・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。